2010年03月04日

<インフル治療薬>強毒鳥インフルに効果 初の純国産(毎日新聞)

 国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬「CS−8958」が、強毒性鳥インフルエンザ(H5N1型)に効果のあることを、東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)らが確かめた。26日、米科学誌プロス・パソジェンズに発表した。

 マウスにH5N1型ウイルスを感染させて実験した。それによると、薬を投与しないマウスはすべて死に、別の治療薬「タミフル」を投与した場合の生存率は5〜9割だった。これに対し、CS−8958は7〜9割と効果が高かったほか、タミフルが効きにくい耐性ウイルスにも効果を維持した。

 CS−8958は第一三共が開発から製造まで行い、今月、国に承認申請した。年内の発売を目指している。吸引タイプで、1回の服用で効果があるとされる。タミフルは5日間続けて計10回経口する。

 世界保健機関(WHO)によると、2月17日現在の感染者は東南アジアを中心に478人(うち死者286人)。現在の治療薬には主流のタミフルとリレンザ、今年1月に発売された点滴薬ラピアクタの3種類ある。河岡教授は「タミフル耐性ウイルスの流行に備え、新しい薬を用意することが重要だ」と話す。【関東晋慈】

【関連ニュース】
タミフル販売:輸入代行業者ら薬事法違反容疑で再逮捕
タミフル:無許可販売容疑で再逮捕へ 東京の輸入業者
「タミフル」事件:個人輸入代行業者4人を釈放 大阪府警
タミフル:副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁
タミフル:輸入代行業者ら逮捕へ 違法広告容疑で大阪府警

参院選「本格保守」アピール=外国人参政権、夫婦別姓に反対−国民新(時事通信)
あの手この手で民主批判=街頭演説、確定申告相談会で−自民(時事通信)
フォークリフト下敷き、女性死亡=資材800キロ積み歩道走行−東京(時事通信)
ロシア全軍連合
「12年から経営悪化」 鳥取裁判員裁判 会計士が証言(産経新聞)
posted by タバタ ツギオ at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元作業員側の敗訴確定=原発被ばく訴訟−最高裁(時事通信)

 東京電力福島第一原子力発電所の作業で放射線に被ばくし、がんの一種「多発性骨髄腫」になったとして、元作業員の長尾光明さんが同社に慰謝料などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は23日付で、原告側の上告を棄却する決定をした。長尾さん側の敗訴が確定した。
 一審東京地裁は、長尾さんの疾患を骨髄腫とは認めず、請求を棄却。二審東京高裁は骨髄腫と認定したが、「加齢が原因の可能性を否定できない」とし、被ばくとの因果関係を認めなかった。 

【関連ニュース】
もんじゅ再開へ申し入れ=試験運転計画書も提出
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」
敦賀原発1号機、40年超え運転へ=福井県知事、地元市長が容認
中国電、11年度採用計画は30人増=事務系も増やし210人
東電、11年度も1100人=新規原発建設で2年連続大量採用

天皇、皇后両陛下 ハゼの世界展鑑賞 国立科学博物館で(毎日新聞)
二審も捜査怠慢認定=「殺害防げた」と賠償命令−箱詰め女性遺体事件・東京高裁(時事通信)
行田駅
<大津波・津波警報>北海道・根室市で30センチを観測(毎日新聞)
1票の格差 東京高裁判決 定数是正に早急な対応迫られる(毎日新聞)
posted by タバタ ツギオ at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。