2010年04月21日

殺人 短期マンションで腹刺され男性死亡 外国人か…三重(毎日新聞)

 18日午後7時50分ごろ、三重県鈴鹿市算所の県警鈴鹿署平田交番に外国人ふうの男性が訪れ「隣の部屋でけんかがあり、通路で人が倒れている」と届けた。署員が男性とともに同市道伯4の短期賃貸マンションに行くと、3階の通路で外国人ふうの男性が腹などを刺されて倒れており、搬送された病院で死亡が確認された。同署は殺人事件として調べている。

 同署によると、死亡した男性は40〜50歳くらいで、左脇腹や左胸などを刺されていたという。凶器は発見されていない。交番を訪れた男性によると、同日午後7時40分ごろに刺されたらしい。

 現場は近鉄鈴鹿線平田町駅の南東約1.5キロの住宅街。近くに自動車関連工場がある。09年8月まで現場のマンションに住んでいたという男性(41)は「住人の8割くらいは外国人だった」と話した。【大野友嘉子、谷口拓未、大原隆】

<新幹線>八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集(産経新聞)
数千枚に1枚、マラドーナのカード盗んだ疑い(読売新聞)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)
乗務員の英語力に基準、スカイマークが設定(読売新聞)
posted by タバタ ツギオ at 16:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

「訓練充実、不安ない」=長期滞在予定の古川さん(時事通信)

 【ヒューストン(米テキサス州)時事】2011年に国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在が予定されている宇宙飛行士古川聡さん(46)が16日朝(日本時間同日夜)、ヒューストンのジョンソン宇宙センターで訓練を公開した。
 08年から同センターなどで訓練を始めた古川さん。16日の訓練では、ISS内に設置されているロシア製のトイレを改良したものについて、使い方やメンテナンス法を真剣な表情で学ぶ姿が公開された。
 水は宇宙では極めて貴重な資源だが、この改良トイレなどを使えば、尿を飲料水に変えることも可能という。
 古川さんは「宇宙では水を有効利用しないといけない。訓練は忙しいが充実しており、不安はない」ときっぱり。ISSにいる山崎直子さん(39)と野口聡一さん(45)については「2人の活動を見て、とてもうれしい。自分も訓練を積んで良い仕事をしたい」と意欲を見せた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
コンテナをシャトルに収納=山崎さん、主要任務終了
こちらのシャトルは現役続行=北九州市〔地域〕

自衛隊に初の女性基地司令「積極的PR、親しんでもらう」(産経新聞)
ガス田開発など協議=日中首脳が会談(時事通信)
漁港で車転落、男性死亡=仮眠直後? 、運転誤る−福井(時事通信)
気分は天平人 1300年祭 施設公開(産経新聞)
<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)
posted by タバタ ツギオ at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

治療結果の分析、DPC参加病院の過半数が未実施(医療介護CBニュース)

 急性期病院の「医療の質」の改善への取り組みについて、治療結果の分析を行っていないDPC参加病院が全体の過半数に上ることが、医療関連マーケティングなどの「ケアレビュー」(東京都品川区)が実施した調査で明らかになった。2007年度の第5次医療法改正で、治療結果の分析や患者満足度調査の実施状況などを公表することが全医療機関に義務付けられたが、全体の約7割が治療結果の分析の情報提供を行っていなかった。

 調査は今年2月1日-3月10日、全国のDPC対象病院とDPC準備病院の計1556施設を対象に実施。「治療結果の分析」「患者満足度調査」「職員満足度調査」の実施状況と情報提供体制について、郵送によるアンケート調査を行った。回答率は30.3%。

 「治療結果の分析」の実施状況は、「未実施」が53.1%で最も多く、以下は「年1回」(20.3%)、「毎月実施」(16.5%)、「年2回以上」(10.1%)の順。分析結果の公表についても、「未実施」が全体の53.1%に上り、「非公表」(14.0%)と合わせると、約7割が未公表だった。また、「職員満足度調査」についても、「未実施」が52.8%と過半数を占め、情報公開は「未実施」(52.8%)、「非公表」(12.8%)で、未公表の医療機関が7割近くを占めた。
 一方、「患者満足度調査」の「未実施」は7.2%にとどまり、結果の公表についても、全体の約8割が実施していた。

 「医療の質」の改善への取り組みが不十分な病院が多かった点について、同社では「品質(医療の質)を高めることに対する努力が診療報酬でそれほど評価されず、病院経営へのインセンティブが働かないことが最大の原因」とした上で、「病院からの情報公開に対する社会的な関心が低いことも原因の一つ」と分析している。


【関連記事】
医療機能の情報提供、完全運用は半数止まり
医療機能情報提供項目に産科補償制度加入状況も
厚労省、情報提供制度で省令案
医療機能の情報公表案を大筋了承
医療情報の信憑性、どう担保?  厚労省の検討会が初会合

【科学】野口さん、のびのび宇宙生活3カ月(産経新聞)
山口公明党代表「かみあわない首相答弁、残念だ」(産経新聞)
普天間移設、首相またブレるも「大きな話でない」(産経新聞)
元親方、二審は懲役5年=時津風部屋傷害致死−名古屋高裁(時事通信)
<訃報>村上孝一さん84歳=元八戸工大学長(毎日新聞)
posted by タバタ ツギオ at 01:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。