2010年04月03日

猫でショート?鹿児島市立病院で1時間半停電(読売新聞)

 鹿児島市立病院(鹿児島市加治屋町、上津原甲一院長)が3月31日夜、約1時間半停電した。

 停電発生とほぼ同時刻に、地下1階の電気室から「ボン」という大きな音がし、猫が飛び出してきたのを職員が目撃。迷い込んだ猫が6600ボルトの高電圧がかかった電線に触れ、ショートしたのが原因とみている。

 病院によると、すぐに自家発電に切り替わったが、コンピューター断層撮影装置(CT)などの大きな電力が必要な医療機器が使用できなくなったため、救急搬送の受け入れを停止した。入院患者463人に影響はなかった。

赤坂ゴンドラ落下事故 被疑者不詳のまま書類送検(産経新聞)
ヒゲでマイナス考課は人権侵害、郵政職員が勝訴(読売新聞)
郵政改革法最終案、亀井氏「民業圧迫」に反論(読売新聞)
皇太子ご一家が帰京(産経新聞)
<元次官宅連続襲撃>小泉被告に死刑 さいたま地裁判決(毎日新聞)
posted by タバタ ツギオ at 02:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。