2010年06月07日

<口蹄疫>「都農」食肉処理場約1カ月ぶり再開 搬出制限区域を家畜ゼロの緩衝地帯に(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県は31日、搬出制限区域(発生地から半径10〜20キロ)の家畜をゼロにする緩衝地帯を作るため、同県都農町の食肉処理場「ミヤチク都農工場」の操業を再開させた。国の特例で認められ、約1カ月ぶりの稼働となる。

 県によると、通常なら出荷できる状態(牛は月齢29カ月以上、豚は生後180日以上)で、搬出制限区域内に留め置かれていた牛1000頭、豚2000頭から処理する手順で、初日は西都市の牛29頭を処理し、通常の流通ルートで県内出荷するという。

 同工場は1日当たり牛60頭、豚820頭の処理能力があり、県は「約2週間で終えたい」としている。また、食用にならない内臓などの処理については、宮崎市の廃棄物処理施設が受け入れる。

 今後、県は適期に満たないが食肉にはできる牛や豚も処理する「早期出荷」につなげる考え。対象は牛4500頭、豚3200頭の計7700頭と推計している。

 同工場は発生農家から10キロ圏内の移動制限区域内にあり、口蹄疫感染が発覚した4月20日から操業を停止していた。【蒔田備憲】

年109万円もらう橋下知事「子ども手当、7人の食費に」(産経新聞)
【首相辞任】「すべてが中途半端」「何だこりゃ」「辞めるって逃げること」 あきれた街の声(産経新聞)
米、新首相に「同盟修復」を期待 (産経新聞)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)
【集う】第18回橋田賞授賞式(産経新聞)
posted by タバタ ツギオ at 18:29| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。